第3回 J-HOPフェスティバルin南関東ブロック

Description

※お申し込みは、一人1回ずつ、複数人の同時お申し込みはできません。
複数人お申し込みなる場合は、繰り返しお申し込み下さるようお願い致します。

在宅基礎、在宅アドバンストどちらかに必ずチェックをお願い致します。また、会場の都合上ご希望に添えない場合がございます。

一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会(J-HOP:http://www.j-hop.jp/)は、全国の在宅医療に関わる薬局、病院、大学、そしてメーカーから卸までオール薬剤師がそれぞれの持つ役割や機能を発揮し、さらにその職域を超えて在宅医療・介護に関わる関係団体との連携のもと、在宅療養者を支援するために平成22年に設立(平成24年に法人化)されました。

会員もすでに1,300名を超え、年に1度の研修会や会員間のメーリングリストやホームページ上の交流サイト、そしてSNSなどで活発な情報交換や交流を行っております。

団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題に象徴される超高齢社会に向け、在宅医療への関わりはかかりつけ薬局の必須の業務となりつつあります。

第3回目となる今回は、『薬剤師が支える〇〇の生活』をメインテーマとしてフェスティバルを開催することとしました。

この研修会は基調講演はもとより、在宅や外来で役立つ3つの分科会(A在宅基礎orアドバンス、B介護に役立つアロマC排泄)すべてを1日で学ぶことができるように組まれています。

限定150名の研修会ですが奮ってご参加ください。

日  時:平成29年11月26日(日)9:00~17:00(予定)
場  所:北里大学 薬学部 白金キャンパス 〒108-8641 東京都港区白金5−9−1
参加費 :J-HOP会員 5,000円 非会員 8,000円 他職種3,000円薬学部生 1,500円 *お弁当付
     懇親会:4,000円(学生 1,500円)
定  員:限定150名

内  容:
 
 ●基調講演 『「くらし」を支える薬剤師』
          鈴木 順子(北里大学薬学部社会薬学部門教授)
 ●ランチョン 『フレイル対策と栄養』
          豊田 義貞(東京都:龍生堂薬局)
 ●分科会
 A【在宅基礎1,アドバンス2】1:千代延 誠治(佐賀県:神埼薬局)
                    2:三浦輝久(東京都:田無薬品)
 
 B 【介護に役立つアロマ】
          高田泰江(埼玉県:メディスンショップはまなす薬局) 佐藤香(千葉県:フクチ薬局)

 C 【排泄】  『明日から使える排泄講座』   関下 禅美先生(東京都:龍生堂薬局)
    「在宅で遭遇率上位の排泄ケア問題。他職種任せにしてはいられない!おむつ実技よていです」
 
           
※4単位(日本薬剤師会研修認定単位、予定)

主  催: 一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会南関東ブロック

大 会 長: 鈴木 順子(北里大学薬学部社会薬学部門教授)
実行委員長:雑賀 匡史(千葉県:メディスンショップ蘇我薬局 管理薬剤師)

問い合わせ先:J-HOPフェスティバルin南関東ブロック事務局 jhop.skanto@gmail.com

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#275018 2017-09-04 13:12:06
Sun Nov 26, 2017
9:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
北里大学薬学部 白金キャンパス 
Tickets
①J-HOP 会員 ¥5,000
②J-HOP 非会員 ¥8,000
在宅基礎
在宅アドバンス
③薬学部生 ¥1,500
④他職種(薬剤師以外) ¥3,000
⑤懇親会(一般) ¥4,000
⑥懇親会(現役薬学生) ¥1,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 25, 2017.

Venue Address
東京都港区白金5-9-1 Japan
Organizer
J-HOP 南関東ブロック
21 Followers